(2007年)はその前の7シーズンと同じく
指揮者ラザレフのタクトは鬼気迫るものがありました