あえてこの服を着て公の場に出た稲田大臣の姿勢は認めたいけれど
彼らは今すぐにでもフィリピンを訪れることを望むかもしれない」