それを無理矢理押さえつける状況から担任が変わり一気に崩れていく様子が描かれています
これらは黒田総裁の見方を裏付けるものとなっていた