法的独立で日銀は我が世の春を謳歌するはずだった
ましてや政権与党の自民党がこうした要望に共感してくれる予兆などほとんどなかった